プエラリアサプリって副作用はないの?口コミからわかったことって

プエラリアサプリを飲むことで副作用がおこる原因とは?

 

 

プエラリアサプリを飲むことで副作用が出ないか不安を感じる女性が多くいます。

 

副作用の症例として

・吐き気
・むくみ
・動悸
・頭痛
・腹痛
・不正出血
・生理不順

があげられます。

 

 

 

これらすべてに女性ホルモンのエストロゲンが関係してきます。

 

プエラリアには植物性エストロゲンが含まれており、摂取することで体内のエストロゲンと結びつきます。これによってエストロゲンの分泌量があがり、本来の目的であるバストアップにつながります。

 

しかし、体質や分泌量の過剰摂取でホルモンバランスを崩してしまい、体調不良が出てしまうのです。

 

 

 

プエラリアそのものに副作用があるのではなく、女性ホルモンが乱れることで副作用がおこります。

 

女性ホルモンが過剰分泌すると身体は拒絶反応を起こし、それが吐き気や頭痛におこす原因となります。

プエラリアサプリで副作用がでてしまったときの対処

プエラリアサプリで体調に変化が出てしまったら以下のような対処をしましょう。

 

服用を中止する

 

体調不良がおこった場合は速やかに服用を中止してください。

 

そしてプエラリアの摂取量が自分に合っているかを見直し、ひと月ほどで体調を安定させてから再服用しましょう。

 

 

プエラリアの摂取量を減らす

 

服用を中止して体調が安定してから、1日2錠の服用の場合は1日1錠に減らして飲んでみましょう。それでも副作用が治まらない場合は、1錠を砕いて少量ずつ飲むようにしてみましょう。

 

 

空腹時を避けて服用する

 

プエラリアサプリは空腹時に飲むと逆効果であると言われています。吐き気などの症状が出る場合は空腹時の服用はやめましょう。

要注意!プエラリアサプリの飲み方を間違うと逆効果

プエラリアサプリを飲んでも残念ならが効果を実感できなかった女性もいます。

 

 

 

バストアップしたいために、サプリメントを飲んだのですが生理が不順になりました。
吐き気や頭痛もしたので服用をやめたら翌月は生理がきちんときました。

 

Kさん 10代女性


 

 

A社のプエラリアサプリだと腹痛や倦怠感が酷くて、B社のプエラリアサプリに変更したら症状が軽くなった!

 

Mさん 20代女性


 

これらの口コミには副作用が起こる原因が隠されています。

 

 

 

10代のKさんは成人でない女性です。未成年の女性は、まだまだ女性ホルモンの分泌が盛んな時期です。そこにバストアップサプリでエストロゲンの分泌を更に増やしてしまったことで、過剰摂取状態になってしまうのです。

 

この女性は服用をやめたことに、通常のホルモンバランスに戻ったことで生理不順が解消されました。

 

 

 

Mさんの場合は、プエラリアの含有量がA社より低いB社に変更したことで副作用が軽減されました。このように自分にあったプエラリアサプリの種類、飲み方を見直すことで副作用は軽減されます。

 

 

 

効果や副作用には個人差がありますので、自分にあった飲み方をみつけましょう。

 

 

プエラリアサプリの選び方のコツは?